ハワイ州・オアフ島|ワクチンパスポート提示の義務化【セーフ・アクセス・オアフ(Safe Access O’ahu)】

 

ハワイ州は全米の中でも感染拡大を比較的抑制してきていましたが、8月上旬から感染が急拡大し、1日当たりの新規感染者が1,000人を超える日もある今日。ハワイ州のイゲ知事は観光客に「今はハワイを訪れる時ではない」と呼び掛けている状況が続いています。その影響により、ハワイ州ホノルル市は新型コロナウイルス感染拡大に対応するため、新しいプログラム「セーフ・アクセス・オアフ(Safe Access O’ahu外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)」を発表しました。

セーフ・アクセス・オアフ プログラムとは

オアフ島内にあるレストラン、バー、ジム、映画館、美術館、アーケード、動物園、水族館、植物園、ホテルのフィットネスルーム、スポーツジム、ダンススタジオ、屋内プール、ボートツアーなどの屋内型の娯楽施設などを利用する際に、新型コロナウイルスワクチンの接種証明書(ワクチンパスポート)か陰性証明書(48時間以内に取得)の提示を義務化にするプログラムです。

従業員はワクチン接種完了が義務付けられ、利用者は完了証明の提示が求められます。
ただし、ワクチン未接種の人は、ワクチンパスポートに代えて、施設の従業員の場合は検査の陰性証明を毎週提示。
利用者の場合は48時間以内に行われたPCR検査の陰性証明の提示でも可能としています。
また、12歳未満の子供や15分以内の施設利用、テークアウトやフードトラックのみで営業しているレストランは対象外です。施設の従業員や利用者は、ワクチンパスポート原本か、原本の写真、同州の「Safe Travel」セーフ・トラベル・プログラムなど同州が認めるデジタルデバイスのいずれかの方法で接種完了証明を提示することができます

同プログラムに従わなかった場合、5,000ドルの罰金か1年の禁固刑、またはその両方が科されます。

日本からの渡航者は、日本で発行されたワクチン接種証明書でも問題ないとのことです。

セーフ・アクセス・オアフ プログラムの期間

9月13日から60日間に渡って実施すると発表されました。(11月11日まで)
今後60日間、プログラムの評価を続け、高い感染率や入院率が改善されない場合は、ワクチン接種を義務付けるようプログラムを調整する予定だとも発表されています。

 

当店の新型コロナウイルス対策について

いつもご来店、ご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
近日、ハワイ州オアフ島では日々、多くの新型コロナウィルス新規感染者数が公表されており、今後にまたロックダウンについて危惧されている状況です。
当店では、お客様に安心してご来店いただけるよう、日頃より店内の衛生管理、スタッフのマスク着用・手洗・消毒などの対策を徹底しております。
ハワイ州より新たな新型コロナウイルス対策プログラム『セーフ・アクセス・オアフ』の義務化が発表され、それに伴い
当店ではさらに衛生管理を徹底し営業しております。
営業時間などの変更は御座いません。なにかご不明な点が御座いましたら当店へお問い合わせ下さいませ。皆様のご来店を心よりスタッフ一同お待ち致しております。

「COCOLOMI Massage」2021年9月まで 割引サービス実施中!

 

 

ご予約はこちら

関連記事

  1. ハワイPCR検査陰性証明書

エステサロンMIHANASPA

ミハナスパ

マツエクまつ毛本舗

まつ毛本舗ハワイ

総合採用サイト

美容総合採用サイト

PAGE TOP